幻遊童子のキャラクター「カンムリカワズドリ」の詳細

カンムリカワズドリ   (×)   木 風 光
タグ 鳥 小型
生息地 砂漠 登録日時 2011-04-29 01:35:06
スズメほどの大きさのスズメ目カワズドリ科の鳥。他のカワズドリ科の鳥とは違い30羽ほどの群れを作って荒れた土地に生息しており、草の芽や種子、稀に柔らかい虫を食べえる。

見た目はただの小鳥だが喉の皮がとても柔軟で、グンカンドリのように喉を膨らませて「プゥー」と高音で鳴く。

よく膨らむ喉は餌や水を溜めて運ぶ時にも使われる。

他の生物が生息していないような荒れたで食料である植物を育てて生きていることが分かっており、その行動はとてもとても興味深いものである。

他の生物のほとんどいない荒れた地で種をまき、遠くから水を運び、害虫が発生すれば除去して植物を育て、採れた種子は全てを食べずに一部を育てるために残す。

それを繰り返して農地である緑地を広げてゆく。そして他の生物が増えてくると新たな荒地を探して水と種子を持って渡りをする。
497

コメント一覧


(C)2018 おりじなるきゃらくたーず