右の世界 ( みぎのせかい )

親世界 なし ( 世界インデックスへ移動します )
創造主 そー
属性
タグ
コメント この世界は、地球と良く似た環境にある惑星が舞台です。

古代から動物達は様々な進化を遂げ、その中でも人間という種族が道具を使う能力を身につけ、優れた知力と技術を用いて、世界を制しました。

戦争は無くなり、平和になったのもつかの間、人間達は世界各地で独自の文化と科学を発展させ、惑星全体がすばらしい技術によって見事な発展を遂げました。

しかし、ほとんどの技術は惑星に眠る化石燃料を必要とするもので、資源が無ければ、いずれ使えなくなってしまう物ばかりでした。
さらに、その技術を使うと、便利な反面、環境を汚染する問題がありました。
その技術は惑星全体に展開され、じわじわと環境破壊が進行しました。
人間達は自らの手で自分達の惑星を壊してしまったのです。
事態はどんどん深刻になり、人間達はある決断を下しました。
皆ばらばらの場所へ散らばって居るから効率が悪いのかもしれない。
一箇所に集まって情報を共有し、共に問題を解決する方法を考えよう。

しばらくして人間達は、現在の首都へ移住し、同じ時間、同じ環境で、様々な情報と文化と知識と知恵を出し合い、共有し、見事に環境問題を大幅に緩和しました。
そして、都市は初めから環境問題対策を施されており、環境汚染の主な原因となる人間達が一箇所に住む事で、環境対策をする範囲が都市周辺に集中し、対処しやすくなりました。

人間が居なくなった地域では、人間が居なくなってから、形は変化し、様々な動物が知らない間に進化し、人間と同じ程度の知能を持つ種族も現れ始めました。

その動物達は、過去の人間達の戦争の悲惨さを遺伝子に刻み込んでいる為、同じ過ちを犯さない様に、比較的穏やかで友好的な種族ばかりのようです。

また、人間達は遺伝子操作技術を利用し、原子から動植物を創り出す事により、上手く食料を調達し、他の種族と共存しているようです。

人間達が移住してからは、地形が変化した為、未だ知られざる地域が存在するようです。

「右の世界」の子世界

「右の世界」のキャラクター

ここにキャラクターを追加するには
ログインしてください