親世界 右の世界
世界名
きたぐに
北国
創造主 夢創
属性
タグ 氷 雪 城
北の都市で、あまり詳しいことは分かっていない。
人間の存在すら確認が取れない。
「北国」の子世界
子世界は有りません。
子世界を追加
「北国」のキャラクター
笹月
アイユターレ   (×)  
ヒツジとイヌを足したような感じの容姿をした生き物。比較的に大人しく、殆ど鳴くことはない。何かしらの神聖的な力を持っているといわれるが、詳しいことは判っていない。記憶力が非常によく、渡された恩は絶対に忘れない。偶発的にでも彼を助けたものは、将来的に何かの際に彼に救われることがある。
本人にとっては、それが恩返しのつもりなのかも知れない。逆に、悲しい目にあった相手には二度と近付こうとはしない上、最悪は暫く虚弱状態に陥ってしまう。その為、他意が無くともむやみに彼らを構おうとしたりしてはいけない。
天スケ
ウィル   (♂)  
マロンの弟でリスカの仲間。強がり。
さや
カチコチ   (×)  
温度を下げる効果のある白い光を出しているためつねに寒さをたもっています。急激に温度が上がった時は突然起きだし、たくさんの白い光を出します。
唐紅蓮
カチワリチョウ   (♀)   氷、虫
こう見えてもチョウ。羽は氷で出来ているので、もちろん暖かい所に行けば溶けてしまって飛べなくなるのだが、また寒い所に戻れば再生する。
下半身は透けている。羽が綺麗なので、結構人気があるが、寒い所でないと溶けてしまって見れないので、なかなか見れない。最近では、北の海でも発見された。
きらら
キャリー   (♀)  
ブリザードキャッスルの守り神。不死身の体を持ち、結構陰気な性格で、氷が大好物。身の危険を感じたら、耳の付け根の宝石から氷のビームを発射し、一瞬で辺り一面氷で覆ってしまう。暑さが苦手で、あまり人を恐れないが、滅多に人前に姿を現さない。
こしゅかこに 二番手
コシュカコニ   (×)  
人を乗せられるぐらいの大きさがある生物。体毛がふかふかしてとても暖かい。
警戒心が強く懐くことはあまりないが、持久力や身体の柔軟性に優れており移動手段や鑑賞用に飼育される場合もある。
ゆーな
コロン   (♀)  
リボンや髪飾が大好き。おしゃれには気を使います。
しくりす 砂草 硝
シクリス   (♀)  
北国の氷窟に住む四季姉妹の長女。冬をこよなく愛する魔女。
物静かで大人しく、最近できた趣味は冬のイベントを見えないように手伝う事。
例えばクリスマスには魔法で雪を降らしたり、夜更かしをする子供に眠気を誘ったり、かなり大きなイルミネーションを作ったりしている。
他にも冬にはたくさんのイベントがあるためか、かなり忙しい。そのためなのか、暇な日はほぼ一日中寝ていることが多いらしい。
みらい
セツナ   (♀)  
セツナのまわりではいつも粉雪が舞っている。
手に持っている棒についている宝石には、どんな物でも瞬時に凍らせる力があるらしい。
ばけにゃーご HAPPY
バケニャーゴ   (♂)   悪 闇
ある日、飼い猫は主を亡くした。猫はとても主を愛していた。猫は主を生き返らそうと考えた。猫は自らの肉体を、主に融合させた。主は生き返った。こうして猫は愛する主とずっといっしょ。ずうっといっしょ。猫と主は今でも彷徨っている。
ゆーな
ピピ   (×)  
雪国に住んでいるので、いつもマフラーと帽子をしています
比緒
マルン   (×)  
体のほとんどが水分で、炎が苦手。火の近くに行くと蒸発して、霧に包まれた未知の大陸の霧になって生き続ける。♂の方が耳が長い。
天空
マロン   (♂)  
こう見えても王子です。弱そうな顔押してますが、凄い魔力を持ってます。マントの中には本や笛が入っている。
夢創
ユキイルカ   (×)   氷、風
雪原の雪の中を泳ぐイルカ。体が雪で出来ているので、熱が苦手。友好的で他の生き物との争いはめったに無い。草食。
ユキナ   (×)  
ブリザードキャッスルの奥に住んでいるユキミの姉御です(笑)ブリザードキャッスルの奥に住んでいます。妹とは違って暑いのは平気です。氷の魔法もユキミより強力ですが、カエデと同じで少しボケています。
ユキミ   (×)  
氷の魔法使いで、耳が雪見大福みたいだけど、「雪見大福」といわれるのが大嫌いです。暑いのは苦手で、体温を下げたりでき、また忍術も使えます
ひょうせつぎょ 幻遊童子
氷雪魚   (×)   氷、風
全長:30cm

体重:300g

詳細:トビウオの仲間で空中を飛び続ける氷で出来た不思議な魚。氷で出来ているので冷たいが解けることはなく、なめるとソーダやメロンなど色に対応した味がするらしい。氷で出来ているため寒い地域にしかいないと思われがちだか、北国に多く生息しているだけでどこにでもいるらしい。地面に着く前の雪や樹氷などの小さな氷を食べているため、いつもエサを探して雪雲を追って飛び続けているため、雪雲で釣りをしていると釣れる事があるらしい。半透明の氷で出来た体は光を通して光り輝くので美しく、特にヒレの間の白く柔らかな膜や鱗は奥の風景が透けて見えるくらい透明なので北国では装飾品に使われる事もある。エサの氷さえ用意できれば一般家庭でも飼えるため、夏になると鑑賞魚を売っている店に売られている事もある。
みお 出雲ふぅこ
  (♀)   光、氷
喋る葉の仮面を愛用している優しい子。氷と光の力を使えるが決して強いわけでもない。戦いを好まないので生まれてから一度もケンカをしたことは無い。戦いを好まないわけは生まれた所が戦場ですぐに戦いは危険と感じたとか。戦場に居たところを優しい盗賊に助けられ、この場所に居るとか。今、密かに魔法の練習をし始めその盗賊に恩返しをしたいと思っているとか。
キャラクターを追加

(C)2018 おりじなるきゃらくたーず