親世界 右の世界
世界名
きたのうみ
北の海
創造主 夢創
属性 (なし)
タグ (なし)
氷点下になる事が多く、あまり生き物はいないが、それでも懸命に生き続ける生き物がいる。
「北の海」の子世界
子世界は有りません。
子世界を追加
「北の海」のキャラクター
夢創
きゃんでぃ   (×)  
るーるるの相棒の猫。額の星模様は暗い所で光り、前方を照らす。暗いところが苦手なので活用できる。
夢創
るーるる・らーるる   (♀)  
氷の魔法使い。冷え性で寒がりなのでいつもマントを身にまとっている。足が遅くて走るのは苦手、マントにつまづいてよく転ぶ。冷たい話し方をするが実はとっても思いやりがある。素直になれない子。
あいすふろー ほのゆる
アイスフロー   (×)   氷、水
すごく冷たい海の中でしか生きていけなく、北の海の深海へと生息している。体からは粉のような光を発して、自分の居場所を知らせたり暗い深海を照らしている。性格はクールで無口、ほとんど何も喋らない。
笹月
アゥローラ   (×)   氷、幻
一人称:ワタクシ

詳細:氷河付近の空中を泳いでいる巨大な白蛇。性別不詳。オーロラの分身だと言われ、奴が姿を現すときは決まって空にオーロラが出現している。基本的に奴を見かけることは珍しく、出会うなんて持っての外。性格は気高く、至って冷静。口調がややお姐言葉になっているのはご愛嬌。相手を瞬時に凍らせてしまう程の冷たい息の持ち主。話によると、吹雪を吐くことも出来るらしい。密かに過去にあった異常な豪雪の原因を収めたという、勇気ある少年に逢ってみたいと思っている。
幻遊童子
オーシャンドラゴン   (×)   水 氷 光
小さめの犬くらいの大きさの海竜。

水を弾く羽毛に覆われており、オールのような翼とイルカのような尾を巧みに使って海中を素早く泳ぎ回る。

泳ぎ疲れると流氷の上に上がって休む。

おもにワカメや二枚貝、ウニや小魚を食べている。

額についている黄色い真珠は数年に一度生え変わる。そのためたまにではあるが浅瀬や海岸に黄色い真実が落ちていることがある。

ちなみに黄色い真実は装飾品として珍重されている。
きらら
オローラ   (♀)  
北の海にただ一匹生息している雪ウサギ。空を飛ぶことができる。孤独を好み、逃げ足が速いのでまだ一度も捕まった事がない。その存在は極めてまれ。暑さが苦手で、火に近づくと溶けてしまう。魔法使いで、オーロラを創り出す事もできる。普段は何をしているのかは謎。周りに浮いてる透明なピンクの物体も体の一部。
くれいお 魔治
クレイオ   (♂)  
クリオネのような半透明の体とケモノの様な足を持ったケモノクリオネの男の子。
性格は陽気で食いしん坊。
好きな食べ物は貝。

脚があるので陸に上がることができる。
身の危険に晒されると頭から無数の触手を出して威嚇する。
ただしこれは陸上では効果が発揮できない。
フェレスト
スディー   (♂)   星、水
マイペースな性格。体長40cm。北の海の氷山で、暮らしている。しっぽを回して空を飛ぶことが出来る。星のマークは暗いところで光る。手から水をだして相手を攻撃する。彼には兄弟が7人いる。
アメジスト
チルニー   (♀)   妖精
北の海には流氷の氷山のようなところがあり、そのどこかに彼女の家があるらしい。その家に行くとシチューをごちそうしてくれる。
出雲ふぅこ
トレイシー   (♂)  
クミンクン族で怖がりな性格のお化け。手は普通にあるが、髪の毛(!?)のような触手を手のように器用に使う。”オニダマの実”を沢山つけていてリャクリックといつも一緒に行動する。
ステッラドラカ
ビラッカイム   (×)  
体長約20cm。深海に生息しており、暖かいヒレの手と尻尾で寒さから身を守る。ウロコは固く、ツノも頑丈で鋭く尖っている。ツノ突進されたら一溜まりも無い。目は暗くなると光だし、獲物を誘き寄せる。ジャンプ力が高く、空から天敵がやって来ると、水面からジャンプしてやっつける。ツノに付いている赤い物は、揺れると鈴のような音が鳴る。
きらら
フィッティー   (×)  
とにかく愛らしく、海の中をひらひらと泳ぐ姿はまるで天使のよう。幼いころはあまり活発ではなく、すぐ敵に捕まってしまうので毎日命懸けで食料を探し回っている。しかし成長するにつれ動きが素早くなっていく。メスは交尾しなくても卵ができ、一度に1000個産む事ができる。オスはメスの生み終えた卵を敵から守るのが仕事。一ヵ月後には卵がかえるが、無事に大人になれるのは全体の1/100位らしい。
りと
ベリル   (♂)  
陸地に上がれる、両生類です。しかし、足が水かきのようなため、陸地は苦手みたいです。その代わり、泳ぐのだけは上手いです。活発で、昼行性なのです。
ku
ミステシャイン   (×)  
肉眼では見えないくらい小さい微生物で、更に危険を感じると強烈な光を出して無色透明の気体に変化する為、その正確な姿を知る者はあまりいません。暑い場所が苦手で、寒い場所を好んで繁殖します。足は8本あり、前の二本の足はとても鋭くなっていますが、何に使うかは不明です。鋭い尾で他の生物に突き刺さり養分を吸う寄生生物で、まだまだ謎も多い生物です。
唐紅蓮
ムツテール   (×)  
カーテンのような大きい尾びれを持つ魚。寝る時や、敵に襲われそうな時にこの尾びれにくるまって身を隠す。
出雲ふぅこ
ラリハ   (♂)   氷、自然
一人称:オレ

二人称:あんた

詳細:聖大と一緒にいるクミンクン族。いつもテンションが高いのが特徴。しかし、ラリハには辛い過去があり、里を抜け出して今はここに居る。この過去の事を聞くと凄く落ち込んでしまうため、過去のことを忘れるまではそっとしてあげたほうがいいだろう。氷と自然の力を最大限に使った魔法を使える。
Yuki
リーズ   (♀)  
氷の神の護衛としていつも世話などしている小さな妖精。とても慎重な性格で、争いを好まないやつ。心配性なところがあり、少し、氷の神がケガしたりすると、すごく心配してしまう。氷の神以外にもどの神にも治療できる。この妖精は珍しく戦闘向きの能力はほとんど持っていなくて、守る技か、治療技しか持っていない。いつもボケーとしているところがあり、よく「何考えてるの?」とたずねられる。
彩樹
ルイ   (♀)  
先祖代々伝わる魔法で病気を治す。攻撃も魔法や背中にしょっている刀で攻撃をする。心優しい魔女。
こおりのかみ Yuki
氷の神   (×)  
おしとやかで冷静。氷を自由に操る事ができて、すべてのものを氷づけにもできる。ふだんは海の深い所で静かに眠っている。何か異常なことがおきると、混乱を避けるため、いったん世界を氷付けにするコトがありるが、すぐ溶けるので大丈夫。たまにおきに流されてくることもある。まれに、海から出てくる。地上生活は可能。
キャラクターを追加

(C)2018 おりじなるきゃらくたーず